上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はすみませぬ。
更新する予定だったのですが、ラジオ聞いてて気づいたら
日付が変わっていました。

さてはて・・・。
少しですが涼しくなってきましたね。
夕方から夜になると涼しい風が吹いているので。


秋といえば夜更かしがしやすい時期。
3時間睡眠をまたスタートさせますか。


3時間睡眠とは、名の通り1日3時間の睡眠で乗り切る生活習慣なのですが、足りないと思うかもしれません。


ただ、実は。


3時間寝るのと9時間寝るのは実質大きな差はありません。
睡眠の密度を出来る限り三時間に集約することが出来れば体力回復は確実に望めます。

但し・・・。
習慣化するためには、最低2週間かかります。
逆を言えば、2週間で3時間睡眠の習慣を付けられるなら受験勉強においてはかなり有利ですね。



常連なら見たことあるかもしれないが、前ブログでは何度か睡眠については書いてきてます。今回は、二学期に向けての生活の睡眠革命について書いていこうかと。


人間の熟睡にはあるサークルがあります。
一般的には1.5時間といわれていますが、個人によって差があるようです。ちなみに、自分はどうも1.5時間ではなく1.75時間(1h45m)これくらいの周期になっているようで。


前にも載せたことあるけど、今回も少し3時間睡眠のスケジュールを書いてみようかと。

1日目 0時間 :初日で生活リズムをリセットする。
2日目 6時間 :この日が一番辛いけど気力で乗り切る。
3日目 6時間 :驚くほど熟睡できる。
4日目 6時間 :体を徐々に慣らす。
5日目 4時間 :二時間減らすがさして辛くはない。
6日目 4時間 :ほとんど、きつくはない。
7日目 3時間 :一度目の3時間睡眠。
8日目 0時間 :ここで二度目の徹夜だが全くきつくはない。
9日目~14日目 3時間 :5日間でほとんど習慣化される。



スケジュールはこんな感じです。
個人差がありますが、最初の5日間は微熱や頭痛が起きますが、これ自体は体の生理現象で生活のリズムを整えてる期間なので病気ではないです。

最終的に、10日を越えても微熱や頭痛がするなら、一度スケジュールをやめて、今度は4週間のメニューでします。
内容は、徹夜の日だけは1日で、他の期日を二倍にしてから最初からスルというタイプです。



まぁ、連々と書いたけど・・・。
実際は、3時間睡眠をするのは本当に時間がない受験生がやったほうがいいです。正直、体力の問題もありますが、短時間の睡眠はある意味慣れが必要です。

俺の場合は、2年近く睡眠時間が少ない生活していたので、ある意味習慣化されていたのを体系化したというのはありますので。
ただ、本にも載っているほどなので実際に実行すれば貫くことはできますし、3時間が辛いなら4.5時間の習慣を作るのは利口な手です。

その日の体調によって、4.5時間の睡眠にすることは多々あります。
進学校なら、ある程度授業で受験のレベルを上げられるので、そちらのほうをしっかり集中して聞いて、夜はやはり6時間ほどの睡眠を確保して朝の補習などを大切にしたほうが効果的だと思うので。



睡眠は受験でかなり重要な役割をしていると思います。
だからこそ、それをコントロールすることが出来れば成績も安定してあげることも可能かと。


出来ることからコツコツと。
無理しすぎて倒れるのだけは避けましょう。

自分も倒れる1~2歩ほど手前で頑張りますか(マテ

他人の体は気にしても、自分の体はあまり気にしない性分なので。
それでも、万全の体調管理はします。
ここから先は、一度でも倒れると大変なことになるので。


それぞれの進路に向けて頑張りましょう。


それでは、金曜日にまた。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://step2006.blog73.fc2.com/tb.php/5-c9e413c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。