上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文化祭準備で若干放課後忙しい今日この頃。

こんばんは、かにの缶詰です。

まぁ、ポテト揚げるだけなんですけどねぇ。

当日が一番忙しいかと。



さてはて、人の行く末に一々文句を付けるつもりはないのだが。

悪い道も良い道もその人次第であって、周りが被害を被らない限りは

自由にやってもらってもかまわないわけで。


そりゃ、犯罪や中傷にあたる方向へ行くなら注意は必要ですが。


人としての行く末か・・・。



高校生の身空でわかるレベルのものではないが、

夢や目標事態はあるべきではと思う。


ただし、工業高校の場合何をもって最終目標になるのかねぇ。

クラスの就職組みの全員の内定が今日決定しました。

喜ばしいことではあるのだが、脱力してなんか力なくなってる連中が

数名ほど。


いや、別に良いのですが。

俺も多分受かったら、暫くは休みたいと思うだろうし。


ただ、どうも就職した連中ってこの後社会で働くのだろうけど

なにか次にやりたいものでも見つかるのだろうかなと。


その仕事自体が、やりたいことであればいいのだが、工業高校は

基本的に来る職種に自分があわせて選択するって言うのが流儀というか

あたりまえというか。


大学生なら、自分が持っている専門性を活かせる場所を選んで就職

していくだろうから、それこそ目標であり夢なんだろうけど。


もちろん、入った後にどんどん上を目指す人もいれば、給料を貰って

人生設計する人もいるだろうし、結局4~6年の差で俺たちも同じ道に

進むだろうから。


もう少し考える期間が欲しいと思うのが現状の工業なのかと。

団塊の世代でこれから5年くらいは高水準の就職率があるだろうけど

上れば下がるもので、その先の保障はないからね。





明らかに、進学校よりも学力が劣っている俺がいうのはおかしいが

工学部に関してだけは言わせて欲しい。


ただ入りやすいからという理由での工学部への受験だけはやめたほうが

この先のために良い。


工学は自分の専門性を直結して就職に結びつけるものがあるから、

もちろん、何かに興味があってこんなことをしてみたいという人は

どんどん受験すべきだと思うが。


特にやりたいこともなく、進むというのはかなり危険だから。

たまにだが、機械工学か電気工学で本当は機械のほうに行きたいのに

電気工学のほうがレベル低いからこっちを選ぶという人がいる。


別に否定はしないけど、やろうとしてる目標がある人にとっては

ギャップが多いことだと思う。


工学ってやってみると、ギャップの多さに驚くことが多々ある。

俺の場合は、3年生になって今頃だが専門も面白い授業があると思える。

専門性がつく1~2年は何でこんなことするかわからないことが

たぶん、工学部の留年率に関わっているんだろうかと。


他人の進路に干渉したくないから、あまり意見を押し付ける記事は書き

ません。

だけど、入ってから後悔だけはして欲しくないから工業生として、

また、大学受験生の感覚も一応持ってるので、入ってからギャップに

潰されてしまう受験生が少なからずいそうだったから書いてみました。


工学部はとても面白い学部だと思う。

自分の研究が将来、例えば製品化されて町で販売されてれば嬉しいだろ

うし自分の技術が日本で導入されるのは嬉しいだろうからね。



モノは作るものではなく創るものらしいです。

そして、モノはヒトによって創られると共にヒトによって壊されるもの

なので。





まぁ・・・。

楽しいことが一番だと思うけどね。



自分が大学に合格したときのイメージってまだ持てない。

多分、大喜びする前に崩れ落ちそうな気がしてならないけど(笑)


勝ち取らないと、ちょうど2年もたったんだし。

2つの目標を達成するためにと。夢を成し遂げるためにか・・・。








最近ブログの書き方変わってきてるような・・・。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://step2006.blog73.fc2.com/tb.php/37-515f94df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。