上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、かにです。

ここ最近、忙しいです。
勉強はもちろんなのですが、推薦用に
工業高校でやってきたことの集大成として一つの内容を作っているので
資料集めから、文章構成などなど深夜までWordで打ち込んでます。

覚えるべき内容も多いけど、それ以上に表現力と専門への知識がついていくのがわかる・・・。

実際、工学部へいったら1~2年までは基礎ゼミ中心だが、それ以降は自分が持っている知識が活きてくる。

今していることは繋がるものだと思って、完成させたい。


来月までに何とか完成させないと・・・。




就職の結果がまた一人返ってきたのだが・・・。

初めての不合格通知だった。

というより・・・。

その友人、東芝なんだよね。


縁故で確実に合格といわれていたのに、不合格だったらしい。




掛ける言葉ないというか・・・。

俺は受験に失敗した体験があるから良くわかるが、

通知後暫くは、思考がどんどん悪い方向へ向いて、次へ何をすべきかがわからなくなる。

敢えて声を掛けられたのは、自分を見失うなくらいだったなぁ。




努力をしてたのも知ってるし、これからもすると思う。

二次募集で企業を探すときも必ずばねにはなるからねぇ・・・。














やっぱり、不合格通知は見たくはないね。

俺も受験番号がなかったときは血の気が引く感覚を覚えたから。


二度と、あんな体験はしたくないと思う反面、

あの体験が工業高校へつれてきたんだろうな。



まだ、良かったとは言えない。


というより、良かったって言うためにがんばってるのも一つだし。







全員が最初に内定するなんてことはないと思ってたから、

仕方のないといえばそれで終わるかもしれない。



その友人には、早く次を決めるしかない。


ただ、そこでは感情と現実を冷静に見ないといけないだろうね。

俺がそうだったけど、感情面が大きくて工業に入ったから。


それを、無理矢理軌道修正していたといっても間違いではないが、

それが良かったといえるところへ持っていけば、本当に良かったことなんだろうから。






全部を+思考へ持っていくのは無理だけど

失敗したとき以上の努力をして結果が出るなら、帳消しにすることは十分可能だし、それ以上に良かったと思えるはず・・・。


というより、そう思えると確信があるから
モチベーションを維持できる。





一度、悔しい思いをした人が強いのは、落ちたときの自分を冷静に見れるようになったときに次に失敗しないようにできるからだろうね。

俺がそれに気づいたのは少し遅すぎたけどねぇ。



挽回するために、やらないと。




友人のきっかけ、学校のサポート。

周りの助けに感謝は忘れないが、

自分自身の努力が実った瞬間を体験したいのが正直な気持ち。




もう少し時間はある。


着実にこなすことを続けていこうと思う。














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://step2006.blog73.fc2.com/tb.php/19-aa390f44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。